キッチンカーを呼ぶ際のメリット・デメリットは? リスクを抑える方法も解説

キッチンカー運営
2024/07/10
営業する緑色のキッチンカー

画像素材:PIXTA

空きスペース活用やイベントに引っ張りだこの「キッチンカー(フードトラック)」。今回はキッチンカーを呼ぶ際に知っておくべきメリットとデメリットについて解説します。

「モビマル」はキッチンカーを出店したいオーナーと出店場所を探している土地管理者のマッチングサービスです。

▼キッチンカーを呼びたい方はこちら

キッチンカーが人気の理由と、需要の高い場所とは?

近年、テイクアウト需要の高まりもあり人気に火がついた「キッチンカー」。起業者にとっても、初期費用や固定費を抑えられることから人気で、新規参入も年々増えています。当サイト「モビマル」に登録されているキッチンカーの登録者数は現在5,488件(2024年4月時点)。2022年1月時点での登録事業者数約1,000件と比較した場合5.4倍以上の需要増です。

キッチンカーは、空きスペースがあれば営業ができ、飲食店のない場所でも食事を提供できることから以下のような場所での需要があります。

・人通りが多い空きスペース
・滞在時間を伸ばしたい/集客したいイベント
・周囲に飲食店の少ない学校などの施設敷地内

キッチンカーを呼ぶのに向いている場所については、下記記事でも詳しく解説しています。

▼キッチンカーを呼ぶのに向いている場所は? イベントや空きスペースなどに呼ぶメリットを解説

キッチンカーを呼ぶメリット

キッチンカーを呼ぶと得られるメリットは以下が挙げられます。

空きスペースを有効活用できる

施設の空きスペースや、契約者のいない駐車場など、いわゆる「遊んでいる」スペースを有効活用できるのはキッチンカーの大きなメリットです。

集客・場所の滞在時間を伸ばせる

キッチンカーで食事を提供することで、イベントや施設の滞在時間を伸ばすことができます。また、満足度の向上にもつながります。

飲食店のないところで食事を提供できる

周囲に飲食店がないところでも食事を提供できるキッチンカーは、インフラとして大いに役立ちます。

工事が不要

空きスペース活用におけるキッチンカーの誘致は、工事等が不要で「土地を汚さない」ことも大きなメリットです。その土地を他の用途に使う場合でも、すぐに対応ができます。

営業する2台のキッチンカー

画像素材:PIXTA

キッチンカーを呼ぶデメリット

キッチンカーを呼ぶにあたって、目立ったデメリットはありません。ですが、業者を呼ぶこと、食事を提供することによるリスクは存在します。

出店者と客のトラブルや、交通事故、食中毒など、思いもよらないトラブルが起こりうるため、想定されるリスクを最小限に抑える努力は必要になるでしょう。

キッチンカーのトラブルを予防するためにやるべきことは?

優良な業者の選定

営業許可を取得しているか、連絡先を明らかにしているかといった基本的なことから、サービス・担当者の人柄などを総合的に判断し、キッチンカーを選定しましょう。

誓約書を交わす

出店するキッチンカーと「万が一トラブルが起こった場合は主催者側は責任を負いません」といった内容を盛り込んだ誓約書を交わすことで、トラブルの抑止力となります。

保険への加入

依頼するキッチンカーに「PL保険(生産物賠償責任保険)」の加入を出店の条件とすることで、万が一の食中毒に備えることができます。また、イベントの場合は、主催者側が「イベント賠償責任保険」に加入しておくことで、事故や食中毒が起こった時の補償を得ることができます。

「キッチンカーを呼びたい」と思ったら、気軽にお問い合わせを

キッチンカーと依頼者のマッチングサービスである「モビマル」を利用する場合、無料でヒアリングを行い、希望の条件に沿ったキッチンカーを手配することができます。

また、面倒な手続きやトラブル対応などのサポートも行っているので、万が一の事態に備えつつ、キッチンカーを呼ぶメリットを最大限に得ることができるでしょう。

当サイト「モビマル」に登録されているキッチンカーは業界最多クラスです。皆様のご希望を伺いつつ、適切なキッチンカーとのマッチングを行っていますので、「キッチンカーを呼びたい」とお考えの際は、ぜひ下記リンクからお問い合わせください。

▼イベントにキッチンカーを呼びたい方はこちら

▼空きスペースにキッチンカーを呼びたい方はこちら